CombinationEquipment

武具融合


公式サイト:武具融合システム

武具融合とは

このシステムは、一定条件の下で、2つの武器や防具を融合させ、
新しいアイテムに生まれ変わらせるもので、このシステムの実装により
ECOの魅力のひとつであるアバター性を、より深く楽しんでいただくことができます。

たとえば、「性能は高いが、グラフィックは好みではない武器」と、
「グラフィックは気に入っているが、性能は低い武器」を融合させ、
「性能が高くグラフィックも気に入った武器」に生まれ変わらせることができます。
これによって、ユーザーの皆様それぞれのこだわりの装備を、長く愛用していただけます。
  • NPCで融合ができる場所(NPCで分解は出来ない)
    • フシギ団の砦・聖女の島にいるヨーコさん(ヨーコさんの薬イベントクリア後)
    • ドミニオン界・ウエストフォートの裁縫屋
    • タイタニア界・エル・シエルの裁縫屋
  • ハーヴェスト」のスキル

武具融合の仕様(公式発表

  • 武具融合を利用するために達成する必要のあるイベントを実装いたします。
  • 2つの異なる装備アイテムの「見た目」と「能力」を1つに融合するシステムです。
  • 条件を満たしていれば、武具融合は何度でも行うことができます。
  • 武具融合を行うためには以下のものが必要です。
    • 融合後、「能力」など装備としてのデータを引き継ぐ装備アイテム1個
    • 融合後、「見た目」のグラフィックを引き継ぐ装備アイテム1個
    • 手数料 (融合するアイテムの装備レベルに応じた金額)
    • 武具融合の成功率に関わる触媒アイテム (触媒がなくても融合は可能)
      http://img1.gamedb.info/eco/CE/CombinationEquipmentWindow.jpg,nolink;
  • 武具融合に行うためには以下の条件を満たしている必要があります。
    • 同じ種別の装備アイテムであること。
    • 投擲武器、各種の矢、各種の弾ではないこと。
    • イベントアイテムではないこと。
    • 故障品ではないこと。
    • 融合させる2つの装備アイテムにおいて、「見た目」を引き継ぐアイテムの装備可能レベルが
      能力」を引き継ぐ装備アイテムと同じか、それより低いこと。
    • 融合させる2つの装備アイテムにおいて、「見た目」を引き継ぐ装備アイテムの装備制限が
      「能力」を引き継ぐ装備アイテムの装備制限をすべて含んでいること。
    • 装備条件に「転生」の項目を含まない物同士、含む物同士であること。
    • その他、アイテムによってはいくつかの特殊な条件があります。
  • 装備しているアイテムは、武具融合に使用することができません。
  • 武具融合を行ったアイテムは、「能力」を引き継いだアイテムのアイテム名となり、
    「能力」を引き継いだアイテムのアイコンに星印が表示されます。
  • 武具融合を行うと、「見た目」を引き継いだアイテムは消滅します。
  • 武具融合を行ったアイテムの見た目は、アイテム情報ウィンドウの「見た目情報」の項目に表示されます。
  • 武具融合は失敗する可能性があります。
  • 武具融合に失敗した場合、手数料と触媒アイテムを失いますが、2つの装備アイテムを失うことはありません。
  • 武具融合の成功率に影響する新しいアイテムを実装いたします。
  • 武具融合を行ったアイテムは染色することができなくなります。
  • キャラクターの装備品を確認するNPCは、武具融合を行ったアイテムを装備している場合
    見た目情報の項目に表示されているキャラクターの外見を確認します。
    2006/06/16 Update
  • 装備アイテムの装備制限に関する変更
    • ノービス以外の全職業が装備可能なアイテムを、ノービスも装備可能に変更いたします。
    • 全ての「ソックス装備」の装備可能レベルを「1」に変更いたします。
    • 全ての「眼鏡装備」の装備箇所を他の「顔アクセサリー装備」と同じ設定に変更いたします。
  • 2006/06/30 Updateアイテム基本情報に「種別」が追加
    • 種別の異なる装備は融合できません。

公式にない仕様上の注意

  • レプリカ装備群を「見た目」側にできるか?
    • 可能
  • 見た目側のアイテムから「見た目」以外に何か引き継がれるものがあるか?
    • 精錬ステータスは見た目側からは引き継がれません。
  • 「能力」のアイテムから「見た目」以外に何か引き継がれないものがあるか?
    • 「能力」を引き継ぐ側の精錬ステータス・精錬回数も引き継がれるのか?
      • 引き継がれる。
    • 「能力」を引き継ぐ側の耐久度・最大耐久度も引き継がれるのか?
      • 引き継がれる。
    • 「能力」を引き継ぐ側に耐久度が存在しない場合、融合後も耐久度減少がないのか?
      • 壊れないアイテム(ハリセン等)の「能力」を引き継いだ場合、融合後のアイテムも壊れなくなる。
    • 「能力」を引き継ぐ側の修理キット情報も同時に引き継がれるのか?
      • 引き継がれる
    • 「能力」を引き継ぐ側の攻撃時効果音も引き継がれるのか?
      • レプリカ・メロディアスハンマーの「見た目」を引き継いだ場合、効果音は?
      • 効果音は「見た目」の範疇に入るため、「見た目」側のものが引き継がれる
  • 触媒アイテムの役割と入手難度は?
    • おしゃれな糸」という融合の成功率を上昇させる新しいアイテムを実装します。
      • おしゃれな糸(1) = フカフカの綿(1) + アイテム精製L3
        おしゃれな糸(1) = ふわふわの綿(1) + アイテム精製L1
      • フカフカの綿」はタイニー島のフラワー・ハーブ・ツリー・岩・キノコ、エンシェントアーク16-18階層のタイニー類からドロップ
      • 自然物からのドロップは木材(or植物)知識ありで1時間に1-2個程度。知識なしでも出るようですが率は悪くなるようです。
      • 「バルーンピッグー」が知識なしでも高確率でドロップする「ふわふわの綿」からも作れます。
      • 「おしゃれな糸」は消耗品です(1回の使用でなくなります)
  • 融合品をベースにした融合が可能なのか?
    • 可能。融合品の見た目を引き継いで、再融合し、能力側を他の装備品に(あるいは同じ装備品に)することができる。
    • ただし、二度目からの融合の条件は能力側が参照されるので注意!
      見た目の装備品の装備条件は無関係に、能力側の装備条件よりも、同じか、厳しい条件のものでなければ能力側として再融合できません。
      • このことにより、一旦、装備制限の厳しい装備品に融合してしまうと、それ以降は何度再融合しようが、装備できるキャラクターは限られてしまいます。
        SU限定ワンピースに融合したメイド服は、二度とFやBPでは装備できません。
        高価な超レア装備を見た目として融合する場合などは、できるだけ全職全種族装備可能な装備品を能力側に持ってくるほうが無難だと思います。
    • また、逆の場合として、融合品を能力側にした融合も可能。
      • この場合、普通に融合するのと同じと考えて問題ありません。
        能力側にする融合品の見た目は無視して、通常通りの融合が可能です。
        (例)
        見た目側:「Tシャツ(にんじん)」 + 能力側:「見た目:Tシャツ(しろ) 能力:闘牛の鎧EX(命10回強化)」
        ⇒ 「見た目:Tシャツ(にんじん) 能力:闘牛の鎧EX(命10回強化)」
  • 融合不可能な「イベントアイテム」とは具体的には何か
    • 丈夫な剣・丈夫な槍など、譲渡不可能なアイテム
    • 運搬クエストで一時的に入手できる装備不能なアイテム?
      • 六法全書(クエスト)(@酒屋クエスト「資料の運搬」)は融合できません。
    • 季節イベント等で入手できた限定品は融合可能です
      • しかし、魔法のほうきは「見た目」で選択できますが、両手杖に分類されるため、魔法のほうき以外で融合できるアイテムがありません。
  • 融合手数料は?
  • 装備品のチェックを「見た目側」にする具体例は?
    • フシギ団のマスクの外見+虎マスクの場合、フシギ団砦への通行が可能
  • 壊れた装備品の「見た目」を引き継げるか?
    • できました。
    • できなくなりました。(公式告知
  • 頭部装備の融合がよくわかりません
    • 頭部装備には以下の2種類があり、wiki上でもデータが混乱しているようです
      • 「頭部装備」:頭部+頭部アクセサリー(右側灰色)占有
      • 「頭部アクセサリー」:頭部(左側灰色)+頭部アクセサリー占有
    • 2006/06/16 Update後、一部の頭部/頭部アクセサリー装備の条件が変わっているようです。
      • 見た目・カチューシャ(頭部アクセサリー)+能力・お出かけの帽子(頭部防具)は可能。
  • 下半身装備と靴装備の注意点
    下半身装備、靴装備には隠し部位として裾(仮)があると思ってください。
    融合には裾(仮)まで一致させる必要があります。この制限で融合できそうでできない物があります。
    下記の分類名は独自のものです。
    • 下半身装備
      • ショートパンツ型(裾は空きます):ミニスカート、チェックズボン、もんぺなど
      • 長ズボン型(裾も埋まります):バトラースーツ下♂など
    • 上半身+下半身装備
      • ワンピース型(裾は空きます):メイド服♀、クラシカルローブなど
      • オーバーオール型(裾も埋まります):オーバーオールなど
    • 靴装備
      • シューズ型(裾は空きます):ローファー、サンダルなど
      • ブーツ型(裾は埋まります):ワークブーツ、安全靴、牛革のハイヒールなど
    • 全身装備
      • ボディスーツ型:水着♀など
    • 見分け方
      裾のある装備を身に着けると、それが靴装備なら下半身装備が、下半身装備なら靴装備が装備解除されます。
      融合できるかが分かりにくいと感じるなら、安い「ワークブーツ」や「長ズボン」をテスト用に持っているといいでしょう。
      • 長ズボン型、オーバーオール型を装備 →全ての靴装備は装備解除されます。
      • ブーツ型を装備 →全ての下半身装備、上半身+下半身装備は装備解除されます。
  • 構えが変わる特殊な武器
    • 種別が同じなのに、装備時の構えが通常と違うために融合できない武器が存在します。
      具体例としては雨傘(さわやか)は種別片手鎚であるが、通常の片手鎚(ハリセン、ハリセンボン等)に見た目を転写することは不可能となってます
    • 現状構えが変わるために見た目転写不可能な武器(その他の武器は除く)
      • 傘タイプの片手鎚:雨傘(さわやか)、雨傘(ヒヨコ)、雨傘(星)、はっぱ傘、BABYフリル&レース傘(オフ白)
      • ブーケタイプの片手鎚:ハッピーブーケ、板チョコラケット
      • 杖:大きな万年筆
  • ドルイド・バード専用の楽器
    • ドルイド・バード専用の楽器はそれぞれギター系統とハープ系統(正式な呼び方ではありませんが、便宜上こう呼ぶことにします)で別物になっている(構えが違う)らしく、それぞれの間では見た目を転写することができません
      • ギター系統に属する楽器:旋律のヴァリアスギター(1装備)、旋律のヴァリアスギター(黒)(1装備)、琵琶(1装備)、リュート(50装備)、ギター(70装備)、真弦・ソウルゲイザー(99装備)
      • ハープ系統に属する楽器:レプリカ・ハープ(1装備)、古びたハープ(1装備)、木製ハープ(30装備)、洋ナシギター(30装備)、精霊のハープ(60装備)、天上のハープ(80装備)、エレクトリックハープ(90装備)、浄絃・ソウルセラフィム(110装備)
  • changeボタンのついた装備
    • change前の装備のみ武具融合が可能。
      • バレットセイバー[G1](通常時は短剣、change後は短銃)の見た目を変えたい場合、バレットセイバー[G1]の融合条件に合う短剣(Lv30以下で全職業装備可能)と融合が可能。
      • 上記の融合したバレットセイバー[G1]をchangeして短銃に変えた場合、融合した見た目ではなく元のバレットセイバー[G1]の見た目になる。再度短剣に戻せば見た目は融合したものになる。
      • 全く同じ変形機構を備えた装備同士(例:バレットセイバー[G1]と試作バレットブレード[G1])を融合しても同様にchange後の見た目は変化しない。
      • changeの機能がついた装備を見た目にしたい場合は、changeしていない状態で条件の合う装備と融合することが可能。例えば上に挙げたバレットセイバー[G1]を見た目にしたい場合、Lv30以上の短剣であれば融合が可能。
      • 見た目に使用した場合、changeの機能は失われる。
    • change後の装備は融合の対象にならない。
      • changeした状態で融合を行おうとしても、見た目性能どちら側にも候補としてあがってこない。
      • changeで装備品に変化するペットも同様に融合不可。

仕様まとめ

  1. 「武具融合」とは、「見た目装備」と「能力装備」を融合して1つのアイテムにすること。
  2. 融合後のアイテムは、性能・耐久値・装備制限・アイコン(左下に☆が付く)・精錬値といったほぼ全ての要素が「能力装備」のまま残る。「見た目装備」の要素は基本的に“見た目”のみしか残らない。
    • ゆえに融合というより、“見た目”を「転写」するイメージの方が正しい。
    • 融合したアイテムの見た目は、アイテム情報基本タブにある「見た目情報」に記載される。
  3. 融合する際は、種別タイプ(装備箇所)が同一でなければならない。&br();異なる種別タイプの装備は融合する事ができない。これは占有箇所まで一致する必要がある。
    • 種別タイプは、アイテム情報基本タブに記載されている。
  4. 「見た目装備」は「能力装備」の装備可能条件(レベル・職業・性別)を全て含まなくては融合することはできない。
    • 言い換えると、「能力装備」を装備できるキャラクターは全員「見た目装備」を装備出来ることが条件。
    • 例を挙げる。「能力:おでかけ服(ワンピース・女用・全職業装備・L80)」と「見た目:そろばんワンピ(ワンピース・女用・マーチャント職服・L35)」を“強引に”融合させた場合、装備制限は能力装備のものがそのまま残るため、「見た目がマーチャント職服のファーマー」等が出来てしまう。だから、こんな融合は不可能である(貴方が商人かどうかは関係がない)。他職の格好や自分より高レベルの格好、異性の格好をすることは不可能ということ。
    • 一般に、レプリカやクジ・チケット品のような「誰でも装備できる装備」は「見た目」向き、職服のような「装備者が限られる装備」が「能力」向きと捉えると良い。
  5. まとめると、以下の表に示す条件が全て成立したときに融合が可能。
装備情報 融合できる「見た目装備」の条件
種別タイプ 「能力装備」と同じ種別タイプであること。但し、頭の装備には例外あり(下記参照)
装備可能LV 「能力装備」と同じか低いこと
装備可能種族 「能力装備」にある種族が全て含まれること
装備可能性別 「能力装備」にある性別が含まれていること
装備可能職業 「能力装備」にある職業が全て含まれていること (*1)
装備可能所属軍 「能力装備」と同じ所属軍か無記であること
装備可能能力値&br();(STR,DEX,VIT等) 「能力装備」と同じか低い(無記である)こと
  1. 融合に成功すると、「見た目装備」は消滅し、「能力装備」がそのまま残る。
    • 「能力装備」の見た目は、「見た目装備」のものに変更される。
    • 「見た目装備」が融合されたアイテムの場合、“見た目情報”の内容が転写される
    • 融合された「能力装備」は、同じ「能力装備」を「見た目装備」として融合するかハーヴェストスキル「武具融合分解」を掛けない限り元に戻せない。
    • 特に強化をしていたり高額イリスが挿さった装備(主にびっくり装備)を誤って「見た目側」に設定してしまうミスがこれまで数件報告されています。これをやってしまうと強化値やイリスもろとも「消滅」し、取り返しがつかないことになります。実行前には必ず複数回確認するようにしましょう。
  2. コストは「能力装備」の必要レベル×1000G。(ただし,コネクションを覚えている場合は必要レベル×750G)
  3. 融合に失敗する事もあるが、失敗した場合は「能力装備」「見た目装備」どちらもなくならない。ただし、ゴールドおよび触媒はなくなるので注意。

頭に装備する装備の融合緩和


頭に装備する装備は、種別が違っても融合する事が可能になりました(2007/5/25)~
公式に書かれているのは以下の「見た目装備→能力装備」の融合を可能にするというもの。~
「顔アクセ→フルフェイス」「頭アクセ→フルフェイス」「頭装備→フルフェイス」「頭アクセ→頭装備」「頭装備→頭アクセ」~

これを分かりやすく書くと、

種別 頭ア 顔ア
頭アクセサリ
頭装備
顔アクセサリ
フルフェイス
●:装備箇所/◯:占有箇所(淡色表示)

  • 頭アクセサリと頭装備は装備場所が異なるだけで占有箇所で見ると全く同じもの。
  • フルフェイスは頭の全ての箇所を占有する。
  • 頭に装備するものに限り、「見た目装備」の占有箇所が「能力装備」の占有箇所に全て含まれていれば「種別」が異なっても融合可能←結論
  • もちろん、融合後の装備占有箇所は能力装備と同じ。

融合した頭部装備品の再融合時の制約
  • 頭部アクセサリ(見た目:頭部装備)は、見た目装備として融合する場合、頭部アクセサリにしか融合できない。
  • 頭部装備(見た目:頭部アクセサリ)は、見た目装備として融合する場合、頭部装備にしか融合できない。
  • 融合した頭部装備品は、能力装備として融合する場合は制約がない(見た目情報は変更することができる)。

能力装備:フルフェイスとの融合の注意点
  • フルフェイス(見た目:メガネ)とフルフェイス(見た目:リボン)は双方ともフルフェイス、つまり装備箇所=頭全て。見た目上併用可能に見えるが、併用不可能。
  • もちろん、フルフェイス(見た目:メガネ)とただのリボンの併用も不可能。
    • 普段からリボン+メガネの組み合わせを愛用しているキャラは要注意。
    • 「トラマスク(メガネ)+トラマスク(リボン)」は出来ません。
      • 現在、露店等の試着機能では上記のような組み合わせでも装備できてしまうが、実際には不可能なので要注意。


ヨーコさんの薬



注意すべき融合

可否 継承 アイテム名 部位 職業 LV 性別 種族
(攻撃力)

攻撃力は無関係に
なりました
外見 ハルバード 斧(両手)
攻撃力46/46/COLOR(#ff0000){35}/-
剣系農/BP二次職 LV45 男女兼用 全種族
性能 長い両斧 斧(両手)
攻撃力57/57/COLOR(#ff0000){30}/-
LV60
×(裾の有無) 外見 オーバーオール 上半身+下半身COLOR(#ff0000){(+裾)} 剣槍系以外 LV10 男女兼用 全種族
性能 ガーデニングワンピース♀ 上半身+下半身 農系 LV55
×(裾の有無) 外見 水着♀ 上半身+下半身COLOR(#ff0000){(+裾)} LV40 全種族
性能 冒険王の服♀ 上半身+下半身 BP系 LV48
×(裾の有無) 外見 ローファー LV12 男女兼用 全種族
性能 牛革のハイヒール 靴COLOR(#ff0000){(+裾)} LV60

装備品種別タイプ一覧

種別タイプ(武器)
短剣 剣(両手) レイピア 槍(両手)
ハンマー ハンマー(両手) 斧(両手) ロープ
投擲 カード 弓(長弓) 弓(クロスボウ) 弓矢  
2丁拳銃 ライフル 実包 杖(両手)
弦楽器(ハープ) 弦楽器(ギター) ハンドバック 左手用ハンドバック  
他の武器 他の武器(両手) 杖(万年筆) ハンマー(傘) ハンマー(ブーケ)  

主装備箇所 種別タイプ(防具)
Head 頭部防具・フルフェイス
HeadAcce 頭部装飾品
Face 顔装飾品
FaceAcce  
Right ウェディングドレス
Left  
ChestAcce 胸装飾品・シンボル
BackPack 背負い袋
Tops 上半身防具・ワンピース・つなぎ・ボディスーツ・コスチューム
Bottoms 下半身防具・スラックス
Shoes ロングブーツ・ハーフブーツ・ブーツ・靴
Socks 靴下
  • 背負い袋は種族制限がかかっているものが多目
  • つなぎ・ボディースーツは能力装備が調達しづらい(性能が高いものは職服かわんぱくボディースーツになる)
    • 両性装備可能のボディースーツとつなぎは、攻防戦実装時に景品として70装備品が実装されたが、まだまだ実用には厳しいか
  • コスチューム、ウェディングドレスは見た目用。性能装備はない


今後の展望

2006/06/12(Mon) ECO放送局
  • 職専用装備を他職でも転写使用可能にする可能性は低い
  • 同種の装備が少ない装備に関しては新しい(高レベルの)装備追加を検討中

外部リンク


外部スレッド


コメント・情報提供欄

不具合で融合できないことはまずありません。落ち着いて装備条件を見直しましょう。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-06-24 23:29:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード