DEM/DEMIC


DEMIC




DEMICとは

新成長システム「DEMIC」とは成長と能力値カスタマイズを併せ持つ、第四種族「DEM」にのみ与えられたシステム。

「DEMIC」によるカスタマイズ方法
  • 経験値を変換し「ステータスチップ」を、職業経験値を変換し「スキルチップ」を入手
  • 手に入れた「ステータスチップ」「スキルチップ」をDEMICの枠内に装着することで
ステータスアップやスキルの使用が可能となる。
  • DEMICの枠(コストリミット)は、入手したEPを変換することで拡大させることができる。
  • 2013/9/26アップデート二重の秘術によりDEMICのルールが大きく変更されています。;DEMIC解説公式サイト;

DEMICパネル


  1. 開放済みコストリミット : チップを置くことのできるパネルです。
  2. 未開放コストリミット : チップを置くことができないパネルです。
  3. エンゲージタスク : チップを置くことができませんが、隣接するチップの効果を倍増させることができます。
  4. 確定ボタン : 確定ボタンを押すことでDEMICカスタマイズを決定します。
  5. 試算ボタン : セットしたチップによるステータスを表示します。
  6. 所持チップ : 所持しているチップを表示します。
  7. 装備済み所持スキル一覧 : 使用できるスキルを表示します。
  8. 現在のステータス : 現在のキャラクターステータスを表示します。

基本

  • 1枚のパネルの大きさは81マス(9*9)。それ以上にCLが増加すると新たなパネル(ページ)が作成される。(DL1=1パネル)
  • 課金アイテムを使う事でαパネル、βパネルを使用出来る。(α、β各500円/30日)
    • 2013/03/28のアップデートで、Lv30以下に限り使用出来る課金アイテムに、DEM向けのものが追加された。
  • 最大8枚のパネルを使う事が出来る(通常パネル6枚、課金パネル2枚)(要検証)
  • チップを配置・入れ替えするには、まずパネルの初期化(全チップの取り外し)を行う。この際、EPを1消費;する。
  • パネルの初期化はそのページのパネルのみ有効。別ページのパネルは改めて初期化を行う必要がある。
  • 同名のチップはDEMICパネル全体で10枚までしか配置できない。
  • チップの回転は不可能。
  • リミテーションチップはDEMICパネル全体で1枚のみ配置可能
  • STRやDEXなどの基本ステータスの最大値は120(装備パーツ、リミテーションチップによる補正値を除く)。


エンゲージタスク

  • パネル初期化時にランダムで出現するEPを1消費して;パネル1枚につき2個まで配置できる。
  • 隣接するチップの性能が上昇する。
    • 1枚のパネルにつき最大で2個出現するが、ひとつも出現しないこともある。
    • エンゲージタスクの上にチップを配置することはできない。
    • チップを複数のエンゲージタスクに隣接させても、1個分しか性能は上昇しない。
    • エンゲージタスクの効果を受けているチップは点滅する。
    • 上昇効果は上下左右のいずれかに隣接している時のみで、斜めの位置関係になる場合は効果はない。
    • ステータスチップは効果が2倍になる。
    • スキルチップはスキルレベルが1つ上がる。
      • ただし、そのスキルの最大スキルレベルまでしか上がらないまで、余剰分は無駄になってしまう。
    • リミテーションチップは、同系列のチップで1ランク上のチップと同等の効果になる。



コストリミット(CL)増加とレベルアップ

  • カスタマイズ選択画面で「コストリミット増加」を選択し、EP消費量を選択します。
  • コストリミットを4増加させるとレベルが1つ上がります。
  • EPを一定量消費することでDEMICパネルを拡張することができます。
  • 消費EP(詳細検証待ち)

#include(./Emil,notitle)


DEMIC組込例


(注意:表現やアドバイスはあくまでユーザーベースです。情報の取捨選択は個人の判断に依存します。また、より良いパターンを知っている方はぜひご紹介ください。);

ステータスチップ

上を望むほどに必要な労力は加速度的に増加してしまう。
L字+3を全てエンゲージタスクに隣接させることができればそれで良し、とするのも一つの考え方。
面積対効果に関しては1マス+2チップが圧倒的である。
狙って手に入れられるものではないが、隙間を過剰に気にする必要がなくなるのは大きい。

~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
2 DEMIC[ST_1].png,nolink 5,216,300 0 +68 +0.83 +0.91 -
~ 四つ巴型配置。4*4のスペースを簡単に確保できる利点はある。
~ DEMIC[ST_2].png,nolink 232,050 0 +68 +0.83 +0.89 -
~ 上記配置に手を加え、直線+3チップを廃した省エネ構成。
~ DEMIC[ST_3].png,nolink 216,300 0 +62 +0.76 +0.96 -
~ 使用面積比効率を狙った配置。
3 DEMIC[ST_4].png,nolink 225,069,300 0 +72 +0.91 +0.93 -
~ 経験値を全力で無駄遣いした配置。
現実的な吟味で達成できる値はこの辺りが限界と思われる。
縦5マス+3、4マス+3が潤沢に用意できればエンゲージタスクに対して柔軟に対処することも容易である。

リミテーションチップ

~Lv ~形状 ~マス ~該当リミテーションチップ
10 LI-[XX-1-1].png,ChipImage,nolink 4 ■LI-[XX-1-1]
~ ~ このレベル帯では能力値上昇も微々たるもの。HP+50%目当てにFA系一択である。
50 LI-[XX-2-1].png,ChipImage,nolink 30 ■LI-[XX-2-1]
~ ~ 既存種族における二次転職と同じく、Rank2のチップは一回り強力になる。
リミテーションチップも例外ではなく、Lv50チップのコストパフォーマンスは非常に高い。
リミテーションチップの目的の一つが能力値上限の突破である以上、素で攻撃依存能力値が120に達しない場合はレベルを落とした方が良い場合も多い。
~ ~ ~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
~ ~ 2 DEMIC[LT50_1].png,nolink 2,664,150 127,000 +33 +0.40 +1.10 ■~ディレイキャンセル
■クリティカル
~ ~ ~ 物理系向け配置。4マスの横幅にスキルを置くことで、L字が苦手とする縦横の穴を作らずに済む。
80 LI-[XX-2-4].png,ChipImage,nolink 63 ■LI-[XX-2-4]
~ ~ 占有面積の都合上、どう工夫してもエンゲージタスクを使い切ることができない。
能力値上限を達成できない場合はLvを落とし、L字+3を活用した方が良い。
~ ~ ~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
~ ~ 2 DEMIC[LT80_1].png,nolink 5,055,150 0 +18 +0.22 +1.12 -
~ ~ ~ Rank2のチップのみではこれが限界である。
~ ~ 3 DEMIC[LT80_2].png,nolink 115,000,000 0 +20 +0.24 +1.25 -
~ ~ ~ 僅かな上昇値に対して必要経験値は20倍以上に跳ね上がる。
~ ~ ~ DEMIC[LT80_3].png,nolink 520,000,000 0 +24 +0.29 +1.5 -
~ ~ ~ Rank3チップをフル活用し、エンゲージタスクを使い切る為の配置。520Mは既存種族におけるLv100->Lv103分の必要経験値に相当する。

スキルチップ

~最短辺 ~形状 ~マス ~該当スキル
9 SK-[HolyFeather].png,ChipImage,nolink 42 ■ホーリーフェザー
~ ~ 一見広大ながら、L字+3チップを使う余地がある為比較的安価に済ませられる。
が、突き詰めると直線チップが大量に必要となる。
~ ~ ~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
~ ~ 2 DEMIC[HF_1].png,nolink 2,734,150 0 +38 +0.46 +1.05 -
~ ~ ~ ガチガチである。その場の修正がまず利かないので、現実的には+30前後になると思われる。
~ ~ ~ DEMIC[HF_5].png,nolink 9,606,150 0 +41 +0.50 +1.10 -
~ ~ ~ ホーリーフェザーのレベルを落とし、ステータスを優先した構成。
持続時間が15秒程度減少する点を許容できるなら。
~ ~ 3 DEMIC[HF_2].png,nolink 100,197,150 0 +40 +0.49 +1.11 -
~ ~ ~ DEMIC[HF_4].png,nolink 200,197,150 0 +42 +0.51 +1.13 -
~ ~ ~ 効率は良くない。縦4マスは汎用性が高い為、先行投資と考えるべきか。
~ ~ ~ DEMIC[HF_3].png,nolink 405,018,000 0+α +39 +0.48 +1.25 ■カオスウィドウ
or■ダンシングソード
or■エナジーブラスト
or■チャージアロー
or□アースクラッシュ
~ ~ ~ 面積対効果を最優先に、3*2の長方形型スキルチップを組み合わせた型。
スキルを加えず+2チップで妥協すると+5~+7程度の底上げを見込める。
~ Chip[9x4].png,ChipImage,nolink 36 ■アレス
~ ~ 単純な占有面積が厄介な形状。
~ SK-[Hyakkikoku].png,ChipImage,nolink 36 ■百鬼哭
~ ~ 厄介かつ珍しい形状。該当するのは百鬼哭のみ。
一部縦横に長いスキルとは完全に干渉する。
~ Chip[9x5Cap2].png,ChipImage,nolink 30 ■殺界, ■レイビングソード, ■ダークブレイズ
~ ~ 厄介な形状の一つ。
難度自体はそれほどでもないが、単純に占有面積で能力値を圧迫する。
~ Chip[9x8L-2].png,ChipImage,nolink 30 ■ゼン
~ ~ 他スキルと干渉しやすい形状。
縦一列を一つ置くだけの余裕はあるが、7*7の空間でエンゲージタスクを使い切るのは難しい。
~ SK-[CrossCrest].png,ChipImage,nolink 30 ■クロスクレスト, ■ラーヴァフロウ
~ ~ 厄介な形状の一つである。他にスキルを置けるほどのスペースは取れず、肝心のL字型+3チップも組み合わせ辛い。
エンゲージタスク隣接は横5マス+3チップ頼りになりがち。
~ ~ ~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
~ ~ 2 DEMIC[CC_1].png,nolink 7,657,300 0 +45 +0.55 +0.95 -
~ ~ ~ 右下部分に四角形のスキルを採用すれば面積対効果が多少向上する。
~ ~ 3 DEMIC[CC_2].png,nolink 267,554,450 0 +49 +0.60 +1.04 -
~ ~ ~ 横4マス+3チップが存在しない為、下段を節約することが難しい。
もう一つの穴も+3チップで埋めれば+2、1マスの穴を塞げば+2できるが、必要経験値は767,518,300に達する。
縦4マス+3チップを5枚使うことも考えれば微妙か。
~ SK-[ChaosGate].png,ChipImage,nolink 25 □クロスクレスト, □ラーヴァフロウ, ■カオスゲイト
~ ~ スキルとは干渉しやすいが、ステータスチップやエンゲージタスクとの相性はそれほど悪くない。スキルをLv5まで引き上げる場合に有用。
元の形状が更に扱い辛い∞字型の場合、影響が顕著である。
~ SK-[Senpuuken].png,ChipImage,nolink 25 ■旋風剣, □殺界, □レイビングソード
~ ~ 素直だが扱い辛い形状。L字を使う余地があるのが救いか。
~ Chip[9x8L].png,ChipImage,nolink 16 ■ライフスティール, ■プライスオブペイン, ■ブラストアロー, ■ソリッドオーラ, ■ライトニングブラスト, ■強運
~ ~ 扱い辛い形状。一部スキルとは完全に干渉し合う。
~ Chip[4x9L].png,ChipImage,nolink 12 □一閃, □散弾, ■マジックバリア, ■リビングスタッフ, ■スピリットバーン, ■一か八か
~ ~ やや扱い辛い形状。同時に置けるスキルが制限されやすい。
~ Chip[9x4L].png,ChipImage,nolink 12 □ソリッドオーラ, □ライトニングブラスト, ■アクアウェーブ, ■ソウルスティール, ■魂抜き
~ ~ 扱い辛い形状。一部スキルとは完全に干渉し合う。
~ Chip[1x9].png,ChipImage,nolink 9 ■ヒーリング, ■封印, □スピリットバーン, □一か八か, □マジックバリア, □リビングスタッフ
~ ~ 共存の難しい形状。扱い辛くはないのだが、一部スキルとは完全に干渉し合う。
~ Chip[9x1].png,ChipImage,nolink 9 ■居合い3段, ■キャンプ
~ ~ 共存の難しい形状。扱い辛くはないのだが、一部スキルとは完全に干渉し合う。
8 Chip[2x8].png,ChipImage,nolink 16 ■一閃, ■ディバインスピア, ■名射手の構え, ■散弾, ■クラッグブラスト, ■封魔, ■ライフテイク, ■ケイブビバーク
~ ~ 有用なスキルを複数抱える形状。エンゲージタスクの邪魔にはなりにくいが、同時に2枚置くには重い。
7 SK-[SpearCyclone].png,ChipImage,nolink 30 ■スピアサイクロン, ■ラストインクエスト
~ ~ 扱い辛い形状。占有面積もさることながら、ギザギザに合わせられるチップが限られる。
~ SK-[Doppelganger].png,ChipImage,nolink 30 ■ドッペルゲンガー
~ ~ 同じく扱い辛い。
6 SK-[Kisyuu].png,ChipImage,nolink 25 ■奇襲, □ドッペルゲンガー
~ ~ 若干小さくなってはいるが、1マスの無駄が出やすいのは相変わらず。
~ Chip[6x6L-2VR].png,ChipImage,nolink 20 ■バレットダンス, □旋風剣
~ ~ 素直で使いやすい形状。エンゲージも容易で他スキルと組み合わせやすい。
~ Chip[6x6L-2RV].png,ChipImage,nolink 20 ■ルミナリィノヴァ
~ ~ 素直で使いやすい形状。エンゲージも容易で他スキルと組み合わせやすい。
~ Chip[6x6L-2].png,ChipImage,nolink 20 □斬撃無双, ■ディバインバリア
~ ~ 標準的な形状。
~ SK-[ChaosGate2].png,ChipImage,nolink 20 □カオスゲイト
~ ~ 珍しい形状。エンゲージタスクとの相性は悪いが、確実に2方面を消費する斜断型よりは良いか。
~ Chip[2x6].png,ChipImage,nolink 12 ■コンバインフォース, □リフレクション, □アイシクルテンペスト, ■グリムリーパー, ■ビバーク
~ ~ 2*8長方形型とそれほど変わらない。
5 Chip[5x5].png,ChipImage,nolink 25 ■斬撃無双
~ ~ 単純ながら珍しい形状。該当するのは斬撃無双のみ。流石にエンゲージタスクとの兼ね合いが難しくなってくる。
~ Chip[5x5L-2VR].png,ChipImage,nolink 16 ■ブラフ, ■クローキング, ■バラージショット, ■ファイアブラスト, ■エレメンタルラース, ■シャドウブラスト
~ ~ 6*6Г+1字型とそれほど変わらない。
~ ~ ~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
~ ~ - DEMIC[CR_1].png,nolink 0 5,904,900 +0 +0 +0 ■クローキング
■ビートダウン*5
■鑑定
■エスケープ
■キャンプ*2
■SP回復率上昇
■最大SP上昇*3
~ ~ 雑用に必要なスキルをまとめた型。
サブに作成したDEMにパーツを代購させる場合などに有用。
コネクションがない分不利ではあるが、DEM-キマイラ等の高速移動手段と組み合わせれば使い勝手も向上する。
~ Chip[5x5L-2HR].png,ChipImage,nolink 16 ■アジテイト, ■チョーキングガス, ■チャージショット, □ルミナリィノヴァ, ■アクアブラスト, ■プラーナ, ■アブレイション
~ ~ 標準的な形状。
~ SK-[EnergyBarrier].png,ChipImage,nolink 9 ■フードファイター, □ディミソリースピア, □フラッシュグレネード, ■エナジーバリア, □ヒンダーハンド
~ ~ 標準的な形状。
4 Chip[4x4].png,ChipImage,nolink 16 ■~ディレイキャンセル, ■ダークネスオブナイト, ■連続突き, ■アームブレイク, □バレットダンス, ■リフレクション, ■アイシクルテンペスト, ■警戒
~ ~ 標準的な形状で該当するチップも多い。エンゲージ自体は容易だが、中途半端に占有面積が広くスペースを確保しにくい。
~ ~ ~Rank ~配置例 ~Base ~Job ~ST合計 ~総面積比 ~使用面積比 ~他スキル
~ ~ 2 DEMIC[DC_1].png,nolink 2,653,450 200,000 +48 +0.59 +1.02 ■~ディレイキャンセル*2
~ ~ ディレイキャンセルを一枚にまとめた型。
面積対効率は可もなく不可もなく。+1チップを排除すれば多少向上する。
アーム種別の変更が容易となる点はメリットだが、実際は他スキルとの兼ね合いもあり微妙か。
~ Chip[3x4].png,ChipImage,nolink 12 □ブラフ, ■ディミソリースピア, ■ブラッティウェポン, ■フラッシュグレネード, ■デッドリーアタック, □ファイアブラスト, □エレメンタルラース, ■ヒンダーハンド, ■グラストラップ
~ ~ 標準的な形状。該当スキルも数多い。
~ Chip[4x3].png,ChipImage,nolink 12 ■バラージアロー, □チャージショット, ■ソウルバーン, ■ダストエクスプロージョン
~ ~ 標準的な形状。
~ SK-[DualArrow].png,ChipImage,nolink 6 ■デュアルアロー
~ ~ 現状、採用する必要性はない。
~ SK-[EnergyShock].png,ChipImage,nolink 6 ■エナジーショック, ■ダットフット
~ ~ 標準的な形状だが、使う機会は少ない。
~ ST-[XXX-D1-1].png,ChipImage,nolink 4 □カオスウィドウ
~ ~ 縦4マス+3を手に入れる方が現実的かつ有用だと思われる。
~ ST-[XXX-D1-2].png,ChipImage,nolink 4 ■スタンブロウ
~ ~ 効率的な利用手段の乏しい4マスの隙間を埋めるのに適している。ただ埋めるだけなら+1を2枚並べればよく、無理に採用する理由はないか。
3 LI-[XX-1-2].png,ChipImage,nolink 9 □コンバインフォース, ■ホーリーブレード, □封魔, ■アースクラッシュ
~ ~ 素直な形状。他スキルとの調整も容易で、L字で使い切れない隙間も有効活用できる。
~ Chip[3x2].png,ChipImage,nolink 6 ■チャージアロー, ■ダンシングソード, ■エナジーブラスト, ■カオスウィドウ, □アースクラッシュ
~ ~ 素直な形状。面積対効果を狙う場合は重宝する。
~ Chip[2x3].png,ChipImage,nolink 6 □フードファイター, ■遠距離戦術, □エナジーシールド, ■ビートダウン
~ ~ 素直な形状だが、意外にこのサイズの隙間は見当たらないことが多い。ビートダウンを大量投入しつつ他スキルも配置する場合は苦労する。
~ ST-[XXX-D1-5].png,ChipImage,nolink 4 ■気合
~ ~ 珍しい形状。該当するのは気合のみ。
~ ST-[XXX-D1-6].png,ChipImage,nolink 4 ■急所攻撃
~ ~ 珍しい形状。該当するのは急所攻撃のみ。物理系DEMはMPが余る場合が多い為、ブロウやブランディッシュの代用にならなくもない。
~ ST-[XXX-D1-7].png,ChipImage,nolink 4 ■エナジーボルト
~ ~ 該当するのはエナジーボルトのみ。採用する理由が薄く微妙である。
~ ST-[XXX-D1-8].png,ChipImage,nolink 4 ■デコイ, ■取り扱い指示
~ ~ 素直な形状。場所も取らず非常に有用なので、取り扱い指示は最初から組み込むべき。
~ ST-[XXX-D1-9].png,ChipImage,nolink 4 ■ファイアボール
~ ~ 形状は素直だが、メインの攻撃スキルとして使うなら最初から組み込むべき。
~ ST-[XXX-D1-10].png,ChipImage,nolink 4 ■アイスアロー
~ ~ 形状は素直だが、メインの攻撃スキルとして使うなら最初から組み込むべき。
~ ST-[XXX-D1-11].png,ChipImage,nolink 4 ■ランドクラッグ
~ ~ 形状は素直だが、メインの攻撃スキルとして使うなら最初から組み込むべき。
~ ST-[XXX-D1-12].png,ChipImage,nolink 4 ■サンダーボルト
~ ~ やや難しい形状。メインの攻撃スキルとして使うなら最初から組み込むべき。
~ ST-[XXX-D1-13].png,ChipImage,nolink 4 ■ファイアウォール
~ ~ やや難しい形状。
~ ST-[XXX-D1-14].png,ChipImage,nolink 4 ■ホーリィライト
~ ~ やや難しい形状。
~ ST-[XXX-D1-15].png,ChipImage,nolink 4 ■ストーンウォール
~ ~ やや難しい形状。
~ ST-[XXX-D1-16].png,ChipImage,nolink 4 ■スローダート
~ ~ 珍しい形状。意図的に組まなければ無駄が出やすい。
~ ST-[XXX-D1-17].png,ChipImage,nolink 4 ■居合い2段, ■プライスハイク
~ ~ 2*3├字型とそれほど変わらず。
~ ST-[XXX-D1-18].png,ChipImage,nolink 4 ■ブランディッシュ, ■ロッククラッシャー
~ ~ 2*3├字型とそれほど変わらず。
~ ST-[XXX-D1-19].png,ChipImage,nolink 4 ■ファランクス
~ ~ 2*3├字型とそれほど変わらず。
~ ST-[XXX-C1-1].png,ChipImage,nolink 3 ■ブロウ, □スタンブロウ, ■ハイディング
~ ~ L字+3を組み合わせた際に生じやすい3マスの隙間を埋めるのに適している。
~ ST-[XXX-C1-2].png,ChipImage,nolink 3 ■最大HP上昇, ■SP回復率上昇, ■最大MP上昇, ■居合い, ■クリティカル, ■焚き火
~ ~ L字+3を組み合わせた際に生じやすい3マスの隙間を埋めるのに適している。
特にクリティカルは物理系の瞬間火力増強に一役買い、ホーリーフェザーを採用しない場合はSP回復率上昇も効果が高い。他は強いて置く価値はないか。
2 ST-[XXX-D1-3].png,ChipImage,nolink 4 ■スロウブロウ, ■投擲武器作成
~ ~ 標準的な形状。
~ ST-[XXX-C1-3].png,ChipImage,nolink 3 ■HP回復率上昇, ■MP回復率上昇, ■チャージストライク, ■ブラックウィドウ, ■応援, ■エスケープ
~ ~ L字+3を組み合わせた際に生じやすい3マスの隙間を埋めるのに適している。
~ ST-[XXX-C1-X].png,ChipImage,nolink 3 □気合, □ストーンウォール
~ ~ L字+3を組み合わせた際に生じやすい3マスの隙間を埋めるのに適している。
~ ST-[XXX-B1-1].png,ChipImage,nolink 2 ■チャージ, ■カウンター, ■コンフュージョンブロウ, □ブラックウィドウ, ■鑑定, □取り扱い指示
~ ~ 様々な面で生じやすい2マスの隙間を埋めるのに適している。
~ ST-[XXX-B1-2].png,ChipImage,nolink 2 ■最大SP上昇, □ブロウ, ■コンセントレート, ■パリィ, ■フェイント
~ ~ 様々な面で生じやすい2マスの隙間を埋めるのに適している。
1 ST-[XXX-S1-Z].png,ChipImage,nolink 1 ■ルーキーブロウ, ■ルーキーバレット, □コンセントレート
~ ~ 前者二つは存在意義が皆無である。デッドスペースを埋めるには最高の形状なのだが……

情報提供用コメント欄(Wikiの編集の苦手な方はこちらに)

COLOR(red):コメント欄はゲーム内容を質問する場ではありません。質問等はDEMスレッドにどうぞ。~

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-01-04 16:11:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード