Job

職業


職業について

ECOというゲームをプレイするにあたって、キャラクターの職業選択は重要な意味を持ちます。
ECOはスキル中心のゲームであるため、その職業がどんなスキルを持っているか、有用なスキルを持つ職業であるかどうかが、育成の難易度やパーティー需要の面で重要になります。
現在のゲームバランスでは、特定の職業やスキル・ステータス構成、またプレイスタイル等によっては、育成や役割分担などの面で厳しい状況に直面する職業も実際に存在しています。

しかし一般論として、オンラインゲームでは幾たびものアップデートによってバランスが変動することもあります。今現在はよくても(あるいは辛くても)将来的に化ける職業やパワーバランスの変動も可能性としてはありえる為、一概には言えません。最初は勉強だと思って、気軽に決めてしまうのも一つの手です。

また各職業にはその職業専用の装備もあります。
見た目にこだわりたい人は、どんな装備が身につけられるのかということを参考にして選択するといいかもしれません。

各職業のスキルと以前のイメージイラストに関しては
当wikiのjobのページ(左の目次の下の方にあります)に、
新しいイメージイラストについては公式ジョブのページにあります。

職業はその特徴から四系統に分類されます。

※下での紹介は、Jobによるステータス補正(JOB補正)、スキル、HP係数等を元に、ソロ育成(1PC/1キャラ育成)を前提にしたものです。友人やギルド等の協力者によるパワーレベリングや、複数アカウント/複数PCによる養殖などの手段を用いれば、レベル上げに関して職業格差は存在しないと言って良いでしょう。

  • ノービス(NV/JO系)
    • ゲーム開始時の職業で、いわゆる無職。
      一切のスキルを持たず、能力補正も無いに等しいため、普通は下記の職に就くことになる。
      操作は基本的にクリックするだけ。
      ただ、ノービスにも三次職が存在するため、このまま居続けるのも一つの選択肢ではある。
      ただし、修羅の道なので、ECOの知識を十二分に備えた上で、2人目以降のキャラクターとしての育成が無難。
      SU系にすら劣るHP補正をイリスカードや装備強化で補強し、全ての属性関係を理解し、有効なダメージ効率を模索する必要があるなど、
      ありとあらゆる知識をフル稼働させなければ1PC/1キャラ育成は不可能に近いほどの育成難易度を誇る。
      終盤になるにつれ、イベントやクジで手に入る爪系武器を利用したり、パートナーに頼り切りになっていく。
  • ファイター(F系)
    • 接近戦や遠距離攻撃に長け、鍛えられた肉体と磨き上げられた技を持つタイプの職業です。
      主に、剣や槍、弓を使います。序盤のうちから活躍しやすい系統です。
      • ソードマン
        火力重視のF系。職業補正から攻撃力(STR)を伸ばしやすく、序盤から安定した火力を得ることが出来るが、本領発揮は2次職転職後から。
        バーサークや2段斬り、両手剣装備時のクリティカルパッシブの効果も手伝い、公式サイトの紹介にもあるとおり爆発的な攻撃力を誇る攻撃職。
        防御面も、HP係数の高さのお陰で不安はなく、非常に安定した職業といえる。
        パーティー時は、Irisアップデート以降はシャーマン系の属性付与とエンチャントによる攻撃兼足止め要員として安定した需要がある。
        操作もシンプルなものが多く、攻撃力の高さに物を言わせた単純な殴り合いが得意で
        ECOは初めて。という人にも打ってつけの職業といえよう。
      • フェンサー
        職補正から耐久力・体力(VIT)を伸ばしやすく、反面攻撃力(STR)補正はF系の中では最弱である。
        2次職に転職後早々に回復魔法を習得でき、テクニカルジョブの自己ブーストスキルの豊富さも手伝って、攻守共に安定性は非常に高い。
        パーティの中では便利屋的なポジションであり、少人数のパーティプレイでは主にその柔軟さが生きる。
        HPと防御力が非常に高く、終始常に安定したプレイが可能。
        有用なスキルに短詠唱・短ディレイのものが多いのも特徴であり、スキルの回転率は高め。
        ソツのない基本性能とその安定性の高さから、1PCソロプレイヤー向けには第一選択となりうる職かもしれない。
        ただ、欠点としては攻撃スキルの癖が強いということと、基本攻撃力の低さである。
        一概に強いと断言できるスキルが少ない。強くても使い方が難しいなどである。
      • スカウト
        回避能力に優れる。職補正では攻撃速度・回避(AGI)が伸びる。
        一次職では最も早熟で、高い回避能力を生かし、早い段階から大陸Dなどのダンジョンにもぐることが可能である。
        飛び道具(投擲)を使うことも出来るが、特化したところでアーチャー系には遠く及ばず、また投擲の命中補正に用いるステータス(INT)を近接用(DEX)と共用することもできないため、少なくとも育成段階で「投げスカウト」を選択する意義は薄い。
        2次職になった後は、ソードマン系列、フェンサー系列とは違い、縦に成長するのではなく横に広がるような成長を見せる。
        戦闘力は、1次職時点ではF系では最強の二文字を冠し、ジョブレベルを50まで上げ切って転職なら2次転職後も連続突きの存在により高い能力を誇示する。
        2次職以降はフェンサー系以上に癖だらけの玄人向けのスキルが多い。
        毒や分身など、ユニークなスキルが並ぶのも特徴の特殊職といえるだろう。
      • アーチャー
        遠隔攻撃と遠距離命中率(INT)に優れ、属性攻撃により高い攻撃力を発揮できる。
        ただし、矢弾などの消耗により持久力に欠け、狩りを行うのにコストがかかる。
        2次職になると、ストライカーとして更に多くの弓スキルを習得するか、ガンナーとして強力な瞬発火力を持つ銃使いになるか選択を迫られる。
        以前は全職でも最高クラスの火力を手に入れられる銃のほうが人気が高かったが、Iris以降属性付与矢の存在からストライカーに転向する者が増加した。
        弓と銃にスキルを共有するものが少ないため、スキル構成の完成形はいずれかの形に収斂されてしまうのが残念。
  • スペルユーザー(SU系)
    • 魔法を用いた攻撃・援護を得意とする職業です。MPを消費しますが多彩な能力を持っています。
      全体として魔法攻撃力(MAG)の補正が高く、物理攻撃力(STR)やHP係数は低くなっており、攻撃は基本的に遠距離(魔法)攻撃中心となります。
      SU系はF系と比べると序盤から中盤にかけて安定性に欠ける上に攻撃面も芳しくなく、いわゆる大器晩成型になることが多いため、じっくり育てることになるでしょう。
      • ウィザード
        属性の影響を一切受けない攻撃魔法と、多彩な補助魔法を使いこなす。
        属性の恩恵を得られないため、特にIrisアップデート以降は攻撃力に関しては全攻撃職の中でも最弱クラスである。しかし物理属性の攻撃魔法も持つため、他SUでは天敵となる魔法防御の高い敵も不得手とせず、場所や敵を選ばず安定した戦力を発揮できるのが強みの一つである。
        攻撃と防御のバランスがよく、うまく立ち回れば敵からダメージを一切受けずに戦闘を終える事さえ可能となるので、ソロ能力は非常に高い。しかし終盤まで強力な攻撃スキルやパーティへの支援スキルを覚えることができないため、特に序・中盤の狩り目的でのパーティからの需要は殆どなく、ソロ育成は非常に厳しい職の一つである。
        最終的には、ボスなど強敵を相手にする際のパーティーの要の一つとなる、攻守ともに優れたスキル構成となる。
      • シャーマン
        属性を考慮して魔法を使った場合の攻撃力が最も高い。しかし防御系のステータス補正とHP係数は全職業中でも下から数えた方が早いため、二次職でオーラ系スキルを取得するまでは、防御の面では全職業中でも最弱のグループである。
        補助魔法も属性関連が中心となる。自分自身のステータスやスキル構成以外に、マップやMOB等の属性などの環境面も考慮に入れて育成・行動する必要がある。
        特にIrisアップデート以降の物理攻撃職への攻撃属性付与の効果は絶大であり、また防御面でも敵やマップによって目まぐるしく変わる防御属性の切り替えにも対応できるシャーマン系の存在は、パーティーには不可欠と言ってよい状況にある。
        自身も二次職の中盤以降では強力な攻撃スキルを相次いで取得できるため、最終的には魔法火力として最強の一角を占めるに至る。
      • ウァテス
        一次職で唯一回復魔法を、そして全職中唯一蘇生魔法を使える存在で、補助魔法も多め。攻撃魔法が光属性であるため、特定の場所・属性(場またはMOBが闇属性の場合)を除き攻撃力が低く、パーティーで攻撃役に回れる局面はごく限られている。
        以前はその特性からソロ育成には相当な困難が存在していたが、Iris以降は比較的序盤のうちから光属性が威力を発揮する闇属性のMOBが適宜配置される等の配慮もなされたため、ソロ育成の難易度もある程度は緩和された。
        補助魔法は状態異常抵抗が中心。二次職中盤以降は強力なBUFFスキルを相次いで取得し、PTの要・生命線として成長してゆく。
        一次職の序盤~中盤頃にかけてソロ育成では厳しい時期が今なお存在するものの、現在は充実したチュートリアルクエストが整備され序盤の育成からはほぼ開放されていること、パーティーに回復役は必須であることから需要も常に存在するといった環境面もあることから、ソロ育成に固執しない限り、育成やクエストの消化で困ることはまず無くなった。
      • ウォーロック
        闇属性はシャーマン系の四属性に対し有利という触れ込みであったが、Irisアップデート以降は四属性間の補正の伸びと比較すると闇のそれは大人しいものに留まり、魔法防御の面でも四属性に対する汎用性は後退し、闇専用に零落してしまった感がある。
        HP係数はSU系最大を誇るが、VIT補正は全職業中でも最も低い部類であり、二次職に入っても防御力を増加させるスキルを持たないため、終盤の大ダメージの前には無力である。SUでありながら盾を装備できるという要素も、終盤近くまでほぼ機能せず、また魔法型は中盤以降、盾そのものを装備しなくなってしまう。
        また、現在では全職装備可能の盾が存在するため、盾を装備できるという点が利点でも何でもなくなってしまった。
        SU職で唯一、物理攻撃力(STR)を上げた場合にそれを活かす、ブロウなど近接戦闘用のスキルを持つことができ、二次職ではさらに強力な物理スキルとbuffスキルも持つため、「近接戦闘型SU」がネタや冗談でなく成立する職業でもあり、育成面や汎用性では魔法型より有利な状況も少なくないが、それは近接系として一線級の能力を持てるという意味ではない。
        これらの逆境を乗り越え、二次職終盤で強力なスキルを取得すれば、魔法型・戦士型とも比較的高水準の火力を手にできるが、Irisアップデート以降の他の攻撃職の伸びと比較すると、完全に置いてきぼりをくらった感は否めない。
        騎士団演習では対人向けの妨害特化職として存在感を発揮する為、演習特化としての育成は考慮に値する。
  • バックパッカー(BP系)
    • 採取や生産加工を得意とします。攻撃は近接戦が基本になりますが、F系やSU系に比べると戦闘能力が低めです。補助スキルを使い戦闘で役に立つこともできますが、中盤以降はきつくなってきます。
      戦闘能力で伸び悩む傾向から、二次職以降は野良パーティー等への参加も渋られる場合があるため、固定パーティーやリング等で気兼ねなく遊びに行ける環境や、2PC・憑依などによるパワーレベリングの手段が揃っていない場合は、職業クエスト以外の育成手段が実質的に困難となる場合もあります。
      現在のゲームバランスでは、育成スタイルによっては中盤以降の育成で行き詰まる可能性のある職もあるため、選択には注意した方が良いでしょう。
      またBP系の職業は、2PC・多PCプレイ時にメインとなるF系二次職に憑依させることで、被憑依者の攻撃力を増加させたり、特殊なドロップ品を得る・HPを含めた消費パラメータの回復を単独で可能にするといった、主役を大幅にパワーアップさせる名脇役として有利なスキルや能力を持つものが少なくありません。
      最初の一人目よりも、二人目以降・サブキャラクターとしての選択をアドバイスする人も少なくないようです。
      • タタラベ
        金属関連のエキスパート。金属製品や鉱石の採集、加工が得意。二次職になるとロボットに乗ることができ、タタラベ系統でしかできない戦闘が楽しめる。
        飛空庭の燃料「モーグ炭」は、モーグシティでタタラベ系のみが採掘(無料採取)可能(NPCキャラによる売買はある)。
        職補正として高いStrとVitを持ち、BPの中では最も戦闘的なステータスが実現できる。また、最終的には攻撃力が1.5倍になるフレイムハートを取得でき、憑依時に宿主にかかることから、F系の2PC憑依用支援スキルとして必須のものとなっている。
        かつて、レベルキャップが設定されていた頃のドミニオン界では、育成済みロボットは目下最強の存在として存在感を発揮した事もあった。
      • ファーマー
        木材、植物のエキスパート。裁縫、料理、精製、木材加工など多岐に渡る生産能力が特徴。生産能力と同じく修理キット作成も種類が多い。
        スキルで「楽しい」ものが多く、特に初期は、戦闘とは無縁の世界で楽しむプレイヤーも少なくなかった。
        戦闘面では、棍棒の他に斧を装備できるため、BP系としては攻撃力は悪くはない。二次職に入るとステータス面ではパッとしないが、スキル面では、敵を硬直状態にし、媒体を使い他者を回復し、マリオネットをより上手く使いこなし、さらにはBP系で唯一、攻撃魔法を覚える等、生産面だけでなく戦闘面も多彩になる。特に硬直系スキルは上級ダンジョンで意外と役立つ。
        ただしこれらはレベル上げが容易という意味ではない。
        職柄やその性質上、憑依装備を利用したプレイには向かないきらいがある。
        ジョブレベルを上げきれば、BP系中最高威力を誇る召喚スキルを習得できる。
      • レンジャー
        採集のエキスパート。多くのモンスターから特別な収集品を得ることができ、宝箱などの採集にも適している。
        採集のために戦う性質から回避能力や自己回復能力など、最低限の戦闘用スキルを持ち、生存能力も高い。宝箱やコンテナ等も含めた採取系職としての威力を遺憾なく発揮できるが、中盤以降次第に戦闘力による貢献はできなくなる。
        モンスターから特別な収穫を得るために必要な知識スキルと、それらをパーティーのメンバーにも付与する授業スキルを持つため、この点で終盤までPT需要は高め。
        3次職となる最終的には、パートナーと常に行動を共にできるので、パートナーが大好きという人にはかなり向いている。
        ただ、そこまでいくと今度は戦闘能力が全職中最低になるので、自分のプレイスタイルとよく相談したほうがいいだろう。
        レベリングやボス狩りが好きな人よりも、庭いじりや探検が大好きな人向けな職業。
      • マーチャント
        商売のエキスパート。ゴーレムを使わず露店を開設でき、NPCからのアイテムを安く買ったり、高く売ったりできる。また、全職最大のキャパシティーを誇る。
        序盤~中盤の育成はやや困難で、特に戦闘面では最弱と言っても過言ではない。またBP系で唯一精製スキルを持たない為に、狩場でドロップした果実をドライフルーツに精製したり、肉をくんせい肉にするなどの地産地消も出来ない。職業専用クエストも、緩和されたとはいえまだまだキツイものが残されている。
        二次職になると、カバンを使った戦闘が得意になり、また確率依存という不安定さはあるものの、BP系で唯一の直接回復魔法を扱う事ができるようになる。これはSPやMPも同時に回復させる(可能性がある)ものであるため、F系二次職、特に自己回復スキルを持たないソードマン系の2PC憑依としても優秀。
        一定確率で完全回避を発生させるスキルも覚え、一次職では不安だった戦闘面もある程度向上する。
        ただしステータス面で言えば、マシになるとは言えやはりかなりきつい。かばんによる攻撃スキルも取得できるのはJob45(ベースにして90~95程度?)とかなり高めで、それまでは職補正も高くなく両手武器マスタリーもないため火力(攻撃倍率)の限界に直面し、戦闘面ではもっとも苦しむ職である。二次職中盤以降は、強力な範囲攻撃スキルでPT内のダメージソースとしての地位を確保できる為、使い方次第で大きく化ける職業と言える。
        特にトレーダーは、DexとIntが高くAgiとVitが低いというステ補正の性質上、最も戦闘に不向きな職のひとつである。命中パッシブや99武器の命中補正などがないため、ほかの近接系に比べてDexを20程度多く確保する必要がある。(F系のDex40は商人のDex60に相当する) Intを参照する遠距離攻撃を持たないので、命中補正による恩恵もない。(トレーダーが装備できるカードは、バレンタインイベントで購入できたラブレターのみである。)
        現在は、インフレによりNPC売りよりPC買取に入れた方がGの調達が容易、飛行庭倉庫や拡張倉庫の実装などの状況面・環境面で圧迫され、特性がやや薄れ気味である。だが、大量のクエ品の露店販売など持ち前のキャパシティーを活かせば、他職よりも金銭効率は高い。
  • ジョイントジョブ(JJ系)
    • 条件を満たす事によって、いつでも本来の職業と行き来することが可能な特殊な職業です。
      装備は制限を受けますが、スキルは本来の職業のものをそのまま使うことが出来ます。
    • 特殊なアイテム「シンボル装備」を装備することで、特殊職ジョイントジョブの力を使う事ができます。
    • シンボル装備を装備している間は特殊職ジョイントジョブに転職しているものとみなされ、その職のスキルを習得・使用することができるほか、キャラクターが元々習得していた本来の職のスキルも継続して使用することができます。
      • ブリーダー
        パートナー関連のエキスパート。育成強化や攻撃強化を行える。レンジャー系互換職といった感じで、装備も共通するものが多い。
        戦闘力については、二次職より(下手すると一次職よりも)戦闘力は大幅に劣るものの、ある程度だが持っているため、
        ノービスで三次職を目指す人はブリーダーになっておくと育成が楽になる。
        ブリーダーブローチの装備によって転職が可能。
      • ガーデナー
        飛空庭関連のエキスパート。家具作成・分解や植物育成を行える。ファーマー系互換職といった感じで、装備も共通するものが多い。
        特にファーマー系との相性がよく、わかり易いところでファーマーの栽培がスムーズに進む。
        また、専用の栽培スキルがあるなど、飛空庭のコーディネートに関しては全ての職業で代替が利かないほど精通しているが、反対に戦闘能力は皆無。
        ガーデナーブローチの装備によって転職が可能。


ECOに限らず他のMMOでも言えることですが、キャラクターの職業やスキル・ステータス構成によって、育成の難易度には大きな差が開くことがあります。

実際にECOでも、一人でコツコツ育成したい、パーティーでの戦闘に貢献したい等のプレイスタイルによっては明らかに不向きな職業、不可能ではないものの非常な困難が伴ったり、同等の結果を得るために他の職業の何倍もの時間や労力を要求される職業が存在するのも事実です。

しかし、ECOは殆どの職でソロでも十分レベル上げが出来ますし、戦闘だけではなくクエストや憑依落ちなどによって経験値を得ることも出来ます。また他の手段も含め、手段やスタイルにこだわらなければ、経験値を全く得ることができず育成に完全に行き詰まってしまうということは、まずありません(ただし、完全に行き詰まってはいないとしても、その状態が現実的なものであるかどうかはまた別の問題です)。

気になる人は、ここやしたらば掲示板、またはゲーム中で人に尋ねるなどして情報収集をするといいでしょう。

ジョブレベル上限

  • 一次職:50
  • 二次職
    • エキスパートジョブ:50
    • テクニカルジョブ:50
  • ジョイントジョブ:30
  • 三次職:50

ジョブ相関図

初期 転職 一次職 転職 二次職 転生 三次職
ベースジョブ エキスパートジョブ スイッチ テクニカルジョブ クロニクルジョブ
ノービス ジョーカー
ファイター ソードマン ブレイドマスター バウンティーハンター グラディエイター
フェンサー ナイト ダークストーカー ガーディアン
スカウト アサシン コマンド イレイザー
アーチャー ストライカー ガンナー ホークアイ
スペルユーザー ウィザード ソーサラー セージ フォースマスター
シャーマン エレメンタラー エンチャンター アストラリスト
ウァテス ドルイド バード カーディナル
ウォーロック カバリスト ネクロマンサー ソウルテイカー
バックパッカー タタラベ ブラックスミス マシンナリー マエストロ
ファーマー アルケミスト マリオネスト ハーヴェスト
レンジャー エクスプローラー トレジャーハンター ストライダー
マーチャント トレーダー ギャンブラー ロイヤルディーラー
ジョイント ↓↑   ↓↑   ↓↑   ↓↑
特殊職
ジョイントジョブ
ブリーダー
ガーデナー

職業英語名

wiki編集者の方使ってください。~

ノービス NOVICE
ソードマン SWORD MAN
ブレイドマスター BLADE MASTER
バウンティーハンター BOUNTY HUNTER
グラディエイター GLADIATOR
フェンサー FENCER
ナイト KNIGHT
ダークストーカー DARK STALKER
ガーディアン GUARDIAN
スカウト SCOUT
アサシン ASSASSIN
コマンド COMMANDO
イレイザー ERASER
アーチャー ARCHER
ストライカー STRIKER
ガンナー GUNNER
ホークアイ HAWKEYE
ウィザード WIZARD
ソーサラー SORCERER
セージ SAGE
フォースマスター FORCEMASTER
シャーマン SHAMAN
エレメンタラー ELEMENTALER
エンチャンター ENCHANTER
アストラリスト ASTRALIST
ウァテス VATES
ドルイド DRUID
バード BARD
カーディナル CARDINAL
ウォーロック WARLOCK
カバリスト CABALIST
ネクロマンサー NECROMANCER
ソウルテイカー SOULTAKER
タタラベ TATARABE
ブラックスミス BLACKSMITH
マシンナリー MACHINERY
マエストロ MAESTRO
ファーマー FARMER
アルケミスト ALCHEMIST
マリオネスト MARIONEST
ハーヴェスト HARVEST
レンジャー RANGER
エクスプローラー EXPLORER
トレージャーハンター TREASURE HUNTER
ストライダー STRYDER
マーチャント MERCHANT
トレーダー TRADER
ギャンブラー GAMBLER
ロイヤルディーラー RoyalDealer
ブリーダー BREEDER
ガーデナー GARDENER
ジョーカー JOKER

コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-11-01 15:15:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード