Skill/Knight

ナイト



特徴

  • ナイト(エキスパートジョブ)
フェンサーのクラスアップ。
    • 様々な物理ダメージに対して驚異的な防御力を発揮します。
    • 重厚な鎧と盾を身に着けることで、仲間を守ることができます。

  • 以上が公式。実際は……
    • 相変わらず魔法には弱い。
    • 直接PTメンバーを守るスキルは存在しない。ただし憑依者を守るスキルはある。
    • 肝心の防御スキルはどれも効果範囲と持続時間が限定されていて使い辛い。
    • PT用自己犠牲スキルはあるが、まず使わない。
    • スキル関係で槍よりレイピアの方が有利な場合が多い。また、二段突きなどなぜかAGI型向けなスキルがある。
    • 物理攻撃スキルはあまり期待できない。だが闇属性やアンデットに対しては強力なスキルを有する。
    • ヒーリングのおかげで自己回復でき、意外とソロに向く。
    • 高い防御力に加えて支援スキル、範囲攻撃スキルを有するため、パーティー戦では他のファイター系職業より貢献しやすい。
    • HP係数:3.30MP係数:1.30SP係数:1.50


フェンサー系職相関表


一次職 転職 二次職 転生 三次職
    エキスパートジョブ スイッチ テクニカルジョブ    
フェンサー ナイト ダークストーカー ガーディアン


転職方法

  1. ギルド元宮2Fのフェンサーマスターに転職を申し込む。※ブレイドマスターとは違いSTRは要りません
  2. アイアンサウス下層の酒屋にいるミヤギに話しかける。
  3. 流氷詰めの缶」(「オーガ」「フューリー」「アイスドール」「マーレ」ドロップ)を持ってもう一度ミヤギに話しかける。
  4. 討伐クエスト『風のように』COLOR(red):(クエスト数1消費、制限時間10分、party可)COLOR(brack):を受ける。鉄火山のギーゴ3体・ラバープルル5体。
  5. クエスト報酬「認定書(クエスト)」を受け取り、フェンサーマスターに話しかける。
  6. 転職。JOBLVが1になり、Skill pointを1point((二次職のスキルポイント))得る。

育成型など

スキル早見表

スキルの詳細・解説、検証などはこちらのページ→ナイトスキル詳細

型:A=アクティブスキル、P=パッシブスキル

憑依時:○=使用可、主=使用可(宿主に効果)、自=使用可(自分に効果)、×使用不可

評価
☆:最終的に取得必須
◎:取得推奨
○:スキルPに余裕があるなら取ると便利
△:あまり役に立たない、又はネタスキル
×:全く役に立たない
-:使用不能
※上位互換スキルがある場合は習得Lv近辺で評価


Job
Lv
スキル名称
(略)
属性 Max
Lv
対象 憑依時 評価
(片手槍)
評価
(両手槍)
評価
(細剣)
説明・備考
1 フードファイター   5 P - - 食べ物の効果を上昇させる
当然ながら識別「ポーション」には効果はない
  ディフェンス・ブロウ   5 A 物理属性、打の攻撃ダメージを軽減
打撃攻撃をしてくる敵は結構多い
3 ツーハンドスピアマスタリー   5 P - - 両手槍装備時に最低攻撃力を上昇させる。スピアマスタリーに効果が上乗せされる
5 二段突き   10 P - -
AGI型なら◎
両手槍もしくは細剣装備での通常攻撃時、一定確率で連続攻撃を行う。
LVが上がると発生率が上昇する。
8 光の従者   5 P - - 光属性が武器に付与された際、効果が上昇する
10 ディフレクトアロー   5 A - 盾装備時に一定時間遠距離攻撃の回避率が上昇する
  ライトヒーリング 3 A 対象のHPを回復する
名前と最大レベルこそ違うが、ウァテス系のヒーリングと同効果のスキル
12 レイピアマスタリー   5 P - - 細剣装備時に最低攻撃力を上昇させる。ソードマスタリーに効果が上乗せされる
15 ホーリーブレイド 5 A 光の力を剣に宿し、対象を攻撃する
  ディフェンス・スラッシュ   5 A 物理属性、斬の攻撃ダメージを軽減
18 ディミソリースピア   5 A 方向 槍を用い、前方の対象をなぎ払う。攻撃を受けた対象は後方に吹き飛ばされる。
20 ディフェンスアシスト   5 A - 憑依中に使うと一定時間宿主のダメージの何割かを肩代わりする。
23 プロテクト   5 A × 効果時間中、憑依者のダメージを肩代わりする。騎士団演習時使用不可。
25 衝撃波   5 A 地面 波動で敵を強打する範囲攻撃 
範囲が特殊なため当てにくい。
28 アームスラスト   5 A 対象の腕を狙って攻撃を行う。一定確率で物理命中力を低下させる。
30 ヴァルキリー   5 A 敵の防御力を無効にしたダメージを与える。反動でしばらく硬直してしまう
  リヴァイブ   5 A × 戦闘不能になったとき、稀に生き返る 
ネクロリザレクションと組み合わせると高確率で効果発揮 ソロが多いなら◎
  騎士の魂   1 P - 憑依時、宿主の戦闘能力を上昇させる。上昇量は自身の能力に依存する。
33 ディバインスピア   5 A アンデッドに対してダメージの高い突き攻撃を行う。
威力に難はあるが、癖がなく使いやすい
35 ホールドシールド   5 A × 盾を用いて対象を押さえつける。効果中自身も行動不能。
38 ストライクスピア   5 A 地面 指定座標直線上に居る敵に対して攻撃を行う。
詠唱が短く威力も高いが、指定方法のクセが強い
40 サクリファイス   5 A × 対象を蘇生する代わりに、詠唱者は行動不能状態になる。詠唱者に憑依している者が居る場合発動不可
  コンバインフォース   3 P - パーティを組むと自身の攻撃力にボーナスを得る
42 一騎当千   3 A 周囲 × 周囲の敵の注目を集める
50 スピアサイクロン   5 A 前方 直線上の敵に連続突きを繰り出す。
2次範囲狩りスキルの筆頭 比較的クセの少ない良スキル



ステータス補正



jobLv STR DEX INT VIT AGI MAG jobLv STR DEX INT VIT AGI MAG
1 5 6 2 9 4 2 26 9 11 4 17 7 5
2 5 6 2 10 4 2 27 9 11 4 18 7 5
3 5 6 2 10 4 2 28 9 11 4 18 8 5
4 5 6 2 10 4 3 29 10 11 4 18 8 5
5 5 7 2 11 4 3 30 10 12 4 19 8 5
6 6 7 2 11 5 3 31 10 12 4 19 8 5
7 6 7 2 11 5 3 32 10 12 4 19 8 5
8 6 7 3 12 5 3 33 10 12 5 20 8 5
9 6 7 3 12 5 3 34 10 12 5 20 8 5
10 6 8 3 12 5 3 35 11 13 5 20 9 5
11 6 8 3 13 5 3 36 11 13 5 21 9 5
12 7 8 3 13 5 3 37 11 13 5 21 9 6
13 7 8 3 13 6 3 38 11 13 5 21 9 6
14 7 8 3 14 6 3 39 11 13 5 22 9 6
15 7 9 3 14 6 4 40 11 14 5 22 9 6
16 7 9 3 14 6 4 41 12 14 5 22 9 6
17 7 9 3 15 6 4 42 12 14 5 23 10 6
18 8 9 3 15 6 4 43 12 14 5 23 10 6
19 8 9 3 15 6 4 44 12 14 5 23 10 6
20 8 10 4 16 7 4 45 12 15 6 24 10 6
21 8 10 4 16 7 4 46 12 15 6 24 10 6
22 8 10 4 16 7 4 47 13 15 6 24 10 6
23 9 10 4 16 7 4 48 13 15 6 24 10 7
24 9 10 4 17 7 4 49 13 15 6 25 11 7
25 9 11 4 17 7 4 50 13 16 6 25 11 7



モンスター系統別物理属性表

(同じ種族のモンスターでも攻撃属性が異なる場合があります。修正箇所があればお願いします)
  • 物理属性について
    • STAB:槍やくちばしなどによる突き攻撃。
    • L.STAB:矢や銃などによる遠距離からの突き攻撃。
    • BLOW:素手や鈍器などによる叩き攻撃。
    • L.BLOW:長い腕やブレスなどによる遠距離からの叩き攻撃。
    • SLASH:剣や爪などによる斬り攻撃。
    • L.SLASH:遠距離からの斬り攻撃。(未確認)

分類 種族 物理属性 備考
動物 アーチン系 STAB  
  ウィリー・ドゥ系 BLOW  
  ゲッコ系 SLASH  
  スキンク系 BLOW  
  ゼレブ/ベガ系 STAB  
  ドラゴ系 L.BLOW  
  ドラゴン系 L.BLOW  
  バウ系 SLASH  
  バクバク系 BLOW  
  バルル系 BLOW  
  ベア系 BLOW キラービースト、レッドビースト、
回廊のキングポーラーはSLASH
  ボア系 BLOW  
  モーモー系 STAB  
  ローキー系 SLASH  
  タルパ系 L.BLOW  
キメラ系 BLOW  
  コッコー系 STAB ジャイアントコッケーはBLOW
  サンダーバード系 STAB  
  バット系 SLASH  
  ハーピー系 BLOW  
  ペペン系 BLOW  
  ホムラ系 STAB  
昆虫 蜘蛛系 STAB  
  クローラー系 BLOW  
  バタフライ系 BLOW  
  ビー系 STAB スティンガーはBLOW
  ヤドスラッグ系 BLOW  
  アーリー系 STAB  
  ムカーデ系    
植物 エスカルゴ BLOW  
  ドリアード系 L.STAB  
  プルル系 BLOW  
  マリュス系 BLOW  
  マンドラ系 SLASH  
  ローパー系 STAB キングローパーはBLOW
水中生物 インスマウス系 BLOW  
  サラマンドラ系 BLOW  
  シーサーペント BLOW  
  シードラゴン系 STAB  
  ジェル系 BLOW  
  フィッシュ系 STAB フライフィッシュはBLOW
  トード系 ???  
魔法生物 アルカナ系 BLOW 回廊のアルカナはクイーン以外STAB
  アンブレラ系 BLOW  
  ウィスプ系 BLOW  
  エレメンタル BLOW  
  ゴースト系 BLOW  
  サイクロプス系 BLOW  
  サラマンダー BLOW  
  スタートラー系 STAB  
  タイニー系 STAB  
  使い魔系 BLOW 使い魔はSTAB
  フランカーパイレーツ SLASH  
  パイレーツボマー BLOW  
  箱系    
  パーティザン    
  フェザー系 SLASH  
  ベリル系 STAB  
  ラーミア系 BLOW  
  メタヴォーラ BLOW  
精霊 アイシー系 BLOW  
  シャドウ系 L.BLOW  
  ニンフ系 BLOW  
  ピーノ系 STAB 回廊のモックーはBLOW
  マンドラゴラ系 BLOW  
人間 DEM(殴) BLOW 01
  DEM(遠殴) L.BLOW エレファント
  DEM(斬) SLASH  
  DEM(遠斬) L.SLASH ヴィエルヴェイン?
  DEM(突) STAB  
  DEM(銃) L.STAB スナイパー・フリューゲル
  アルケー系 BLOW  
  スペルキャスター系 BLOW  
  デバステイター系 SLASH  
  ドミニオン系 BLOW  
  バンディット SLASH  
死霊 スケルトン系 SLASH  
  スケルトンアーチャー系 L.STAB  
  スペクター系 BLOW  
  デス系 SLASH  
  ナイト系 L.STAB  
  マミー系 STAB  
  リビングデッド系 BLOW  
  アーマー系 BLOW ノーブルアーマーはSLASH
機械 エレキテル系 BLOW  
  ガッテンガー系 BLOW ΣはL.BLOW(プロトも?)
  ギガント系 L.STAB  
  キラーマシン系 SLASH  
  サイクロン系 SLASH  
  ピボット系 BLOW  
  フォックストロット系 STAB C1はBLOW
  フォックスハウンド系 L.STAB  
  ホログラフ系 L.STAB  
  マオアー系 STAB  
クリスタルアーチン系 BLOW  
  ゴーチン系 BLOW  
  タートル系 BLOW  

ヒーリング使い方

多くの人がとっているであろうヒーリング。
少しでも効率よく使うために、ちょっとした小ワザなどを掲載しておきます。
 
  • MAGは(8の倍数-1)で振る
最低MATKにボーナスがつく数字です。MAGには振らねー、という方も7まで上げてみると少し変わります。
15まで振ればMP満タン時で最大HP分程度の回復量が期待できます。
23まで振ればソロでは十分安定します。31以上だと辻ヒーリングも比較的楽にできます。もちろん本職には劣りますが。
 
  • ヒーリングの取得は多くてもLv2まで
ヒーリングの回復量は、Lv1を1.0倍とするとLv2は1.7倍、Lv3だと2.3倍。
ただでさえMPがSUに劣るナイトが、Lv3の燃費の悪いヒーリングを連打する理由はありません。
MAGを多く振っているのであればLv1で、辻やマリオネット併用ならLv2を取ることをおすすめします。
低Lvヒーリング連打が面倒な方はLv3の速度は魅力かもしれません。
(しかし、ヒーリングのディレイはLvが上がるほど伸びます。気にするほどではありませんが)
 
  • MP回復にマリオネットを使う
HPの回復にエレキテルやサラマンドラを用いる人は多いでしょうが、
純粋に回復のみに専念する場合、MP回復型マリオネットのほうが便利です。
これにより、MP回復アイテムの搭載量を激減させることができます。

  • 騎乗ペットを利用する
MAG初期値でも魔法攻撃力の育ったドラゴ等に乗るだけでかなりの回復量を見込めます。
ただし、あくまで他人にヒーリングをかける場合のみ有効です。
自分にヒーリングをしてもドラゴのHPが回復するだけです。
 
  • 精錬武器のススメ
魔力精錬の効果はMATK+10~、これを使わない手はありません。
以前は安全とされていた3回精錬でMATK+18、ちょっと頑張って5回精錬なら+27の上昇になります。
特に低MAGの方におすすめです。
また、精錬する武器はウッドスピア鉄扇がおすすめ。
鉄扇は以下で説明するとして、スピアはマスタリの効果が乗り、容量は2.0と軽く、さらに耐久制限がなく壊れないので非常用武器としても大変優れています。
 
    • 鉄扇のススメ
Lv60以上、かつ資金が豊富か運が良いかのやや狭き門ですが、これがあると無いとでは世界が大きく変わります。
鉄扇は容量5.0、MATK45の(ナイトにしてみれば)超高性能装備です。
精錬1回でMATK55、これはSUのLv52装備、時空の杖(MATK52)とほぼ同じ効果を持ちます。
ただし、鉄扇装備中は槍スキルが使えないのはもちろんのこと、ブロウ系もまったく使えないので注意が必要です。
持ち変え忘れには十分注意してください。

ネコマタ(空)入手イベント中に手に入るプルルスタッフ
MATKは35と鉄扇に劣るが入手が容易なのが利点。
その容易さから高レベル精錬も鉄扇よりはやりやすいかも。ちなみに6回以上精錬できると3回精錬の鉄扇のMATKを上回る。1回だけの錬成でも錬成なしの鉄扇と並ぶ(MATK45)
鉄扇同様装備中は槍スキルは使用不可だが、杖は一般武器に属するのでブロウ系やディバインスピアは使うことができる

    • 闇葬鎌・タルタロスを使う
Lv110ディメンション武器。110レベルが必要だがMATK+124、INT+3、MAG+2と破格の魔法性能を持つ。
使用するにはジョイントジョブになる必要があるが、それを余って補う。
ヒーリングを使用する際のみブリーダーブローチを付けて使用する感じとなる。
ブリーダーになる事で職装備などが脱げる手間も発生するので状況によっては上記2点の方が気楽。
MAGを振る際の参考までに、ナイトのMAG補正は+7、ダークストーカーのMAG補正は+8、タルタロス装備時のブリーダーのMAG補正は+4である。
 
  • INTの隠れた効果
補正によっては、(ほんとにわずかですが)最低MATKの上昇に繋がります。
もしもINTを1上げることで最低MATKが上がるステータスならば、頭アクセサリーにトンボ球(INT+1)をつけるという手段があります。
これによる回復量の上昇は多くても1~2程度ですが、そのちょっとした回復量に救われることも結構あります。

コメント欄(Wikiの編集の苦手な方はこちらに)

コメント欄はゲーム内容を質問する場ではありません。

どんな些細な情報でもこちらに。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-01-10 19:25:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード